読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貴方の奏でる音楽に出会えた幸せを。

私は出来ることなら、渋谷すばるという歌手を知らないまま、このアルバムに出会いたかった。

2016.2.10

渋谷すばる『歌』

手元にあるアルバムをただ、呆然とジャケットだけをしばらく眺めてた。怖い、シングルもツアーDVDもそう。ただ漠然と怖くって。自分の感情が想像つかなくって怖かった。

意を決して見たら後は、感情の赴くまま自分の中に音楽を取り込んだって感じ。

聴き終わった後の感想は

「すばるくんに出会って、すばるくんが作る音楽に出会えてよかった。」だった。

DVDも1人でみた。もはや奇跡。ただ音を聴くとどうしても、これをどう作ったのかが気になった。生み出すまでの感情が、ただ知りたくなった。

バンドをしたかったすばるくん。ソロの活動を見ているとどうしても思い出す。フラフラ期のあの不安定だった時を。アイドルかバンドか。思い描く、その2つが重なり合わないが故に、目に見える程の葛藤をしてたあの時代を。もうこの人はジャニーズというアイドルの世界からいなくなるんじゃないか。その時を思い出す。

でもすばるくんが、すごい楽しそうにソロ活動をするから。もうあの時の葛藤なんか見えなくて、ただ純粋に自分のしたい音楽に向き合ってるのが分かるから。だからソロ活動をすればする程思い知らされる。この人はアイドルであり、バンドマンなのだと。

それは関ジャニ∞というグループが、無意識的にも、すばるくんに寄り添って、受け止めて、高めあった、その結果だと思う。楽器隊なんていえる立派なものは無かったのだ。ベースだってドラムだって初心者。ボンゴもペットもキーボードもあのグループは無かったのだ。

3ギター1ベースドラムの横で踊ってたメンバーがいたのだ。そんなグループだったのだ。でも今堂々とバンドを奏でる音楽グループになったのだ。

それを返すように、すばるくんはソロ活動を関ジャニ∞の為だと断言する。

だからこそあの笑顔でソロ活動をしているんだろうと思う。誰よりも繊細で、寂しがり、不安定なすばるくんには関ジャニ∞は間違いなく必要だった。それがあるから今、安心してソロで音楽に向き合えたのだと思う。

そんな今を共有できて、とても幸せだと思う。

す担を続けてきて良かったと思う。

これからも、すばるくんとその奏でる音楽を見ていきたいとただ願う。

ただ、すばるくんへの感情を全て抜いた時。

何も知らないでこのアルバムを聞いた時。

自分はどう感じるのだろうと純粋に思う。

だから何も分からない状況で、このアルバムを聞いてみたかった。過去の感情を抜いて聞いてみたいと思った。無理だけど出来ることなら。

でも今、間違いなく幸せなのだ。

2014年から映画に始まり、シングル、ソロライブツアー。ここ何年か、「すばるくんの演技がみたい」「すばるくんの箱ライブがみたい」言い続けてきて。2014年からその夢が怒涛に叶った。

「すばるくんカバーアルバムださないかな」まさかのその夢も叶えてくれた。12年すばるくんを追い続けた。12年経った今でも私の夢を叶えてくれた。ただただ幸せです。ありがとう。