2017年春松竹☀︎晴太郎総括

(白スーツ、赤ネクタイ、赤ハンカチ、白靴)

1:おみくじハッピー

位置◎セット階段一番上のセンター登場
メモ◎
セットの一番上のセンター登場。はれとわ横並び、シンメ万歳。クリパの登場の時は下手の最後列にいた晴太郎くん、飛躍が見て取れる立ち位置で本当に嬉しかった(;_;)
♪うわっまじかまじか〜で頭抱える晴太郎。
♪SmileSmileSmile〜でほっぺに指あてる晴太郎
ニコニコしながらくっついたり離れたりしてるはれとわ。一曲目から可愛いが大渋滞そんな始まり。

2:NOTFINALE
位置◎セット階段中列下手側
メモ◎
DK4人横並びで、嬉しそうに皆みてニコニコしてる顔!セット階段の下の段にいる恭平ちゃんと目配せしてる晴太郎。お口プクーッてしながら恭平ちゃんにアピールしてるお顔が本当に可愛かった!

3:バンザイ夢マンサイ
位置◎ステージ前列
メモ◎
はれとわちゃんでのアクロ一発目!もう失敗は一度もなし!アクロ要員に完全になった晴太郎。本当に1年ちょっとですごすぎる〜〜泣

4:Dream Catcher
位置◎ステージ2列目上手
メモ◎
階段上がる時に行われるようになった、よしれんからのセクハラ攻撃。たまに晴太郎から仕掛けてたけど。おりて来るやいなや、まとくんからのタッチ。ニコニコしてる晴太郎。はれれん、まとはれ愛が重い人達がこぞって晴太郎を構うお時間。

5:おみくじハッピー(サビ)
位置◎ステージ→セット階段1段目
メモ◎
大サビのみのおみはぴ。バク宙あり。一度も手をつくことも失敗することもなかったなあ。高く綺麗に決まるバク宙にもう不安は一つも感じなかったなあ。曲終わりに変なことしてるのはいつも通りで安心した。勢いは西から〜はほぼ下手みることに徹してた晴太郎。たぶんそっちは西じゃないけど。(笑)

(白のナポレオンジャケット、青スボン、黒靴)
8:Dial up
位置◎下手登場→下手退場
メモ◎
後半にかけて、上手登場の人達にピースするようになった晴太郎。構ってちゃん。かわいい。
基本ベースのダンスを自分なりにアレンジ加えてるけど、後半はバンってする時絶対口覆うようになったのが好きでしかなかった。基本ニコニコして踊るDialupは可愛かった。ただ白のナポジャに青のズボンの相性はイマイチだったとおもってる(笑)そして晴太郎は黒のナポジャのが好き!!

(青ベスト、白シャツ、青ズボン、黒靴)
11:Next Stage
位置◎♪追いかけ〜の所で上手登場→♪めくるめくる〜の所で上手退場→♪今こそjust〜上手登場(青フラッグ)→ラスト上手退場
メモ◎
フラッグの失敗は一度もなし。フラッグ得意の晴太郎くん。ただフラッグに旗が絡まった時フゥフゥしても広がらないよ、、でも上目遣いでフゥフゥするそのお顔が超絶可愛かった。
前列から登場して、ピースしながら後列にいくそのお顔と仕草は花マル100点満点。

(青ベスト、白シャツ、青ズボン、黒靴)
12)SHOW&SHOW
位置◎上手登場→下手退場
メモ◎
ネクステ上手にはけるのにバタバタ走って下手まで突っ走る晴太郎。初日からたぶんずーーっと行われてる、はれきょへアイコンタクト。徐々に近づく2人の距離。ニコニコしながらアイコンタクトとってる2人が可愛すぎて。
クレイジーなハートはエターナリーはスエ様と、その後の、勝負はの所と間奏の下手→上手に向きを変えるフリの所は真鳥くんといちゃいちゃしてるパリピに愛された晴太郎。真鳥くんとのJUMP対決は基本晴太郎が仕掛けてるし、スエ様の所も晴太郎からの事が後半増えてきて本当2人のこと大好きなのが伝わってきた。次曲のために早めに抜けるけどキーーーンって去っていく晴太郎の可愛さは異常。

(青シャツ、黒タンク、黒ズボン、黒靴)
13:愛してる愛してない
位置◎下手登場→下手退場
メモ◎
恭平ちゃんの、愛してるのセリフでニヤニヤするのがやめられなかった晴太郎。初日から数日間は暗転終わってもずーーーっとニヤニヤニヤニヤしてた(笑)中盤にかけてようやくニヤニヤをやめることができて本当よかった笑
踊りでは1人服のはだけ方がおかしい。両肩がっつりはだけて見えてる。日に日に上手に服をはだけさせていくからもうなんなの……ってなってた(頭抱)『♪愛が苦しい、これっきりにしたい』の後大晴とのタイミングを合わせてする襟を整える所と突如後半から始まった、よしれんとの腰の突き上げもラスト首に手を這わすのも色気ただもれで最高だった!!『♪OH.NONO…』の所もポケットから手だして、人差し指振る仕草も大好きだったし、何よりあのときの足のステップ!膝を内→外→内→外ってするあの動きが本当たまりませんでしたよね!!!

(赤の格闘技っぽい服(白ライン)、黒帯、黒の黒靴)
18:Brave Soul
位置◎上手登場→ソロダンス(☆アクロあり)→下手退場→上手登場→はれとわシンメダンス→下手退場→下手登場→棒持って踊る→下手退場
メモ◎
ロダンスも、アクロもはれとわのシンメダンスもどれもどれも大好きだった!!!
晴ちゃんがソロダンスで1人で後列から前列にでてくるの見た瞬間本当にダンス選抜なんだなって思った。体幹の使った起きが上がり、側転、下手のフリーダンス、バンッ!かっこよかった!
そのあとシンメアクロ。連続技をする柊和より先にアクロが終わるけど、ちゃんの柊和の方を振り返って見てからはける、そんなはれとわも大好きだった!
シンメダンスは最後2人で決めるポーズ最高だった!本当に良きはれとわ。ダンスクにそのワンカットが載ってて胸熱!ぜひ皆かってね!
WEST静岡は柊和がいないから晴ちゃん1人でだったね。連続で上手→下手→上手ってこなす晴ちゃんがとっても頼もしかったけど、柊和の帰ってきた後の公演の様子をみて2人で作ってたんだなって再確認。本当に2人ともがかっこよかったよ!!!!

(黒ハッピ(左側は花柄)、黒ズボン、緑帯、黒靴)
20:SAMURAI
位置◎上手登場→下手退場
メモ◎
何を隠そう和服厨だから、この衣装の晴ちゃんがたまらなかった!佐野くんとのアクロもあり!
この衣装で試練のお手伝い(上手登場→下手退場)全35公演お疲れ様でした♡本当に視線泥棒!!!

(黄色ジャケット、黒タンク、黒ズボン、黒靴)
28:2nd Movement
位置◎下手登場→下手退場
メモ◎
とりあえず本当にかっこよすぎたセカムブ!
『♪切ない痛みをメロディに』の所で、しゃがんで口覆いながら後ろで階段のセット触る所がもう本当に大好きでした!!!全員してるのかと思ってたら、皆全然違うことしてて嘘やろフリーダンスかよって目眩を覚えた。あまりにもドストライクなダンスすぎて。
そして、がっつり服まくりあげて完全にアダルトな部分を見せつけてきた腹チラ。初めてしたのは3/8。この日はわざとというか、指が引っかかって腹チラになってしまったという方が正しかったかな。ただその翌日からは『♪伝えたい・届けたい』の部分をがっつり服めくってくる晴太郎くん。3/16より焦らしプレイを覚えて来て、1回目の『♪伝えたい・届けたい』では見せず2回目だけ見せてくるってゆうのをしてきた。最終的には2回目の『♪届けたい』のみ。しかも右手だけ。完全に手の上でゴロゴロ転がされている感じがたまりませんでした。焦らしで腹チラをしない時は表情にも余裕があってふんわり優しめの顔をするけど、がっつり見せてくる時はその前にグッと表情のスイッチ切り替えて眉間に皺よせて男感だしてくるからほんまに……もう晴太郎くんが怖い。とても16歳には思えません。
あと、お仕事Jr.として紫のセットの布を移動に合わせて持つお仕事もしてた!その時は基本柊和のダンスみてニヤニヤしてて、そこはめっちゃ可愛い晴ちゃんだった。笑

(白スーツ、青シャツ、白蝶ネクタイ、白靴)
31:Water Drop
位置◎下手登場→下手退場
メモ◎
表現力のたまものだった1曲。
『♪苦しいなんて』で自分の首を絞める晴太郎。一輪のバラが大切な人の遺品かってレベルで悲しそうに大切そうに扱いながら踊る晴太郎。本来最後は胸ポケットにバラをなおすけど、なおさずそのバラにキスしてはけていく晴太郎。
その悲しそうに苦しそうにしてる表情が本当に凄くてどうしようもなく引き込まれた一曲。
今まであんまりなかった感じで、新しく晴太郎が手にした表現力という武器をまざまざと見せつけられたなあ。本当に凄くよかった…。

(黒スーツ・ベスト、白シャツ、黒靴、黒ハット)
34:アンダルシアに憧れて
位置◎下手登場→上手退場
メモ◎
この衣装本当に似合ってて好きでした。一番上までボタン閉めるのに踊ってる間に必ずとれちゃうそんな所も可愛い。日によって帽子を深く被ったり浅く被ったり。帽子をこじけんからもらうのも自分でターンしてからもらったり色々してた。

(銀ジャケット(スカジャン風)、黒ベスト、
   黒ズボン、白シャツ、黒靴)
36:Real Face
位置◎上手登場→下手退場
メモ◎
登場してすぐするヘドバンに沸いてた一曲!ヘドバンの腰の落としからから、頭の振り方からめっちゃかっこよかった!!!そして頭振る時に見えるつむじはso cuteだった…これフルじゃなかったのが悔やまれる。そのくらいダンスが好きだったんだよな……上手から下手にいってすぐの舌打ちまでの間にしてる踊りが特にすきで、『♪ギリギリでいつも、生きてたいから』で親指噛むの所見は滾ったああ。序盤から始まって、そこからはずっと噛んでた。ずっと滾ってた。『♪思いっきりぶち破ろう』の蹴り上げられた足も、静岡の4公演限定だけしてたチッの首かしげもよかったよ〜〜!真剣な眼差しの顔付きがかっこよかったなあ…!

(赤燕尾、黒ベスト、白シャツ、黒ズボン、黒靴)
39:ブリュレ
位置◎上手登場→下手→花道移動(後ろから2人目)→花道退場
メモ◎
登場してそうそうと、退場の時のギターフリがほんとに好き!大好きだった!!!ガシガシ踊るのが大好きだった!!でもラストのポーズは原曲のままがよかった(ずっと言う)!!

(桜色シャツ、白ベスト、白ズボン、水色タイ、白靴)
41:LOVE
位置◎下手登場2グループ目→上手退場→下手登場→ラスト大サビ、セット階段一番上センター
メモ◎
順番に出てくる所、まとあさとわと出てくるけど、誰よりも1人高くジャンプしてる晴太郎。ジャンプしたあとちょっと満足げではけていく所可愛い。ラスト大サビで階段駆け上がる姿はトタトタしてて可愛いし、『♪愛を愛を』でスエと胸叩いてアイコンするの可愛かった。可愛い宝庫。凄い曲にぴったり!!

42)SHOW&SHOW(アンコール)
◎セット階段一番上センター→曲中うろうろ→ラスト挨拶下手2人目
始まってすぐの晴晴コンビ斎藤さんペッペッペー!はれすえとわの肩組みピース(with真鳥)、まとはれのBig Fightのファインディングポーズ(withスエ)。WEST静岡組がいないときもエアーで肩組みしたりまとすえときゃっきゃしていたアンコール。最後の手繋ぎのまとはれ、はれれんも公演ごとに何して出すかワクワクしてみてたよ!
晴ちゃんがれんくんの指がぶがぶしたときは、びっくりしたけど後半は高確率でがぶがぶしてるからほんとにもう!(笑)まとれんがいないときは、リチャと隣でペコペコしててめっちゃ可愛かった。晴ちゃんは下から手を繋ぎたいタイプだと言うことも知れました。ありがとう!!
手繋ぎが終わったら一目散に階段駆け上がって、TTしたり大忙しの晴ちゃん。最後の最後まで可愛かった!!!

★コント
幼稚園児5回(階段落ち1回)、学生11回。
1人だけ学生2桁の晴太郎。

学生の時の目標
①「ぼくせいたろうくんは、いま16さいなので17さいになれるようがんばりますっ」
②「ゾウさんみたいに、大きくなることですっ」
③「いっぱい食べて大きくなっておすもうさんになることですっ」
すべて言い方がバブい。最高。
②は今江くんとの共同ネタでハートフルすぎて私死亡。③は1人ノリツッコミで照れてる晴太郎が可愛すぎて私死亡。
そしてここで産まれたいらっしゃいませ芸。
シュールでなんとも最高。
そのほかにも、突如行われる白組まととあ、黒組晴晴のヤンキー抗争。ネタを奪われショック死する大晴、ブタといわれショック死する大橋、なぜか自殺する晴太郎の謎。そしてついていけない長尾くん。一番すきなコントの日でした!
幼稚園児晴太郎は単品での気持ち悪い動きと、コントの中で出るワードを動きで表してた。
どっちも本当に爪痕しか残してなかった。晴太郎の良さが滲み出てたし、晴太郎がコントローテに出てた日は客席も沸いてた。絶対気のせいじゃない。晴ちゃんが晴ちゃんらしく輝いてたコントだった。本当に期待の一番星だよ!

★試練
晴晴陸での試練。ローテの悪役と違って絶対毎回でてくれた晴太郎。ほらやっぱり期待の星だ!
シュールな動きと気持ち悪い動きで魅了してたなあ。いちばん好きだったのは晴晴での足つぼ大縄。大晴に縄をもってく晴太郎が気持ち悪くって、地声のせーの!がめっちゃ好きだった。
紙ヒコーキではドヤ顔でモデルのランウェイばりにポーズ決め倒す晴ちゃんが最高でした。
タライの時は間違えて踏んじゃって、自分ですることになった日。嘘のつけない晴太郎。お前踏んだのか?にコクンとうなづいたのが可愛くって可愛くって!!お前素直か!って丈ちゃんに殴られてエヘヘへってなってる晴太郎が天使でした!!!
試練は動きが珍妙すぎてあんまりレポ残せなかったのが残念だ〜〜><

★その他
・18.19日なうぇすと静岡の日。
松竹座に残った晴晴。Dialupもブリュレの中盤も晴晴2人で乗り切った。柊和がいなくって1人でBrave soulのアクロをする晴太郎、すえとわがいなくてアンコで1人2人の肩をエアーで組んでた晴太郎。20日静岡組が帰ってきた公演は本当にニコニコしてて、いつも以上に、皆と絡んで、周りに愛されて周りを愛してる子だなって本当に思った。静岡組がいない時、大きく見えるように見せ方を変えてきたなっと思ったけど、立ち位置をつめなかったのは意図だったのかな?分からないけど。静岡組がいないときだけ、リアフェの舌打ちしてたけどなんで辞めちゃったかなあ。残念。
この時の4公演コントは全部出演で、松竹座公演まかされた晴太郎かっこいいよ!
ただwater drop抜いた罪は重い。事務所まじ。
・髪型
前髪ありのTOPをふあふあしてくる
前髪ありのサラストノーセット
前髪アップ
の3種類。2公演分だけ、サラストノーセット→TOPふあふあにSAMURAIの時にチェンジしてきたね!高校生最高!!!!ってなった。

以上、春のSHOW合戦 全35公演
石澤晴太郎覚書。
楽しい時間をありがとう!!

2016クリパ☀︎晴太郎総括


(白タキシード、赤ネクタイ、サンタ帽)

1:Happy Happy Lucky you

◎めも
笑顔でしゃかりきに踊っている晴太郎。
合間合間に目元ピースを入れて来たり、手を振ってみたり小ネタダンスの宝庫。とりあえずかわいい。

(緑のサンタクロース)
3:スノウソング
◎めも
真面目に可愛く踊ってる。天使なサンタ。
首は前に向きながらクルンってするターンが好きだったな〜〜。

4:ジングルベル
◎めも
移動途中で大橋くんとのハイタッチ。
大きく振りかぶってみたり、テンション高すぎたりでハイタッチ失敗する日もあったけど、そんな時は必ずちゃんとできるまでハイタッチを求める晴太郎。ハイタッチ後は2人揃ってニッコニコ!
そのあとはアラレちゃん走りしたり、全力だったり、こじけん殴りにいったり、後半日程はもはやこじけんへのバイオレンスの嵐(笑)

5:We wish a merry Xmas
◎めも
こじけんと正門くんとお手手を繋いでするラインダンス。正門くんにお手手繋いで貰えなくて拗ねてみたり、こじけんにバイオレンスしまくってて初動が遅れたりはちゃめちゃ。
ラインダンスはおしりフリフリが最高。サンタ服が大きいのと、暴れてるからよく上の服の捲り上がってて全部可愛い。
箱持ってお仕事してる楽ちゃんにいらんことしてるのもやんちゃだったなあ。楽ちゃんの嫌そうな顔(笑)

◎めも
シャキーンってするポーズ(語彙力)がとんでもなく可愛すぎてなんかもう、あぁ!(怒)ってなる。笑
振り付け大勝訴。ありがとう!!!!

◎めも
DK4人でギュウギュウになって、しゃがんでステージみてるその光景が本当最高だった。花横に笑顔振りまきながら踊ってるの本当可愛かった。
晴ちゃんお手手フリフリありがとう!
後半はリンリンリンで指メガネ作ってるのは控えめにいっても晴太郎(5)!

13:WISH
◎めも
下手袖からBOX運びだしてくるお仕事。引っ張らないといけないからお尻だけ先に舞台袖から見えてて笑った。お尻めっちゃ突き出す晴太郎(笑)
BOX運び終わったら、DK4人で遊び始めて、最初のうちは隠れんぼとか、ガンマンごっこ。後半はずっとTWICEとか欅のフリの完コピ。TTポーズのほっぺ膨らますその顔100点満点!

14:Sexy Summerに雪がふる
◎めも
下手でDK4人でダンス。柊和をダンスしながら殴ってみたり蹴ってみたり、TTポーズとってみたり。ちゃんと踊ってるけど、合間合間にほんっといらんことしまくってた。構って晴太郎の本領発揮の一曲。

15:10年後の今日の日も
◎めも
下手からでてくるトナカイファンキーに元気よく挨拶。もはや踊ってないし客席もみていない。そのまま上手立ち位置にいく、セイヤスエザワの案内係に徹する晴太郎。その隙にまとりに自分の立ち位置取られて一生懸命どいて!どいてのアピール。(抱きついた状態で行われるため、こちらとしては感謝)毎日飽きもせずに延々としてた、まとすえはれ。晴ちゃんがパリピにならないか心配。
セット回転で自分がBOX裏に隠れて見えないと判断された瞬間変顔をれんくんにするのも後半の日課。その顔がまあ酷い!全力!(笑)上からばっちりみえてるわ(笑)

16:Winter Lovers
DKちゃんでわちゃわちゃ天使。
ここも可愛いダンスの小ネタ祭り。

挨拶
◎めも
ここで間違いなく爪痕を残しまくった晴太郎。構ってちゃんで、笑いもかっさらって、DK全員がキラキラしてた時間。本当に大好きな時間だった…!!!真顔で客席にお手振り続ける晴太郎、たけのこぺりぺり・オーノーする晴太郎、DKと人間椅子したり倒立したりれんくんのシャドーに積極的に殴られにいく晴太郎。メインや他のBOXの話の時はそろーっとみにいく晴太郎。捌けるときは基本的においでおいでのスタイルの晴太郎。全てが見所でした!!

(紫ジャケット、黒パンツ)
24:Next Stage
◎めも
日に日にフラッグの扱いが上手くなっていく晴ちゃん。初日は落としはしないけど、絡まりまくってて手で広げながらしてたけど、それも無くなって。結局1回も旗を落とさなかった。本当に器用だなあ!下手での朝田くんとのニコニコはジャニワから健在で嬉しかった。個人的にフラッグを肩に乗せてする踊りが大好きでした!!!

(花柄シャツ、白タンク、ベージュズボン)
25:好きやねん、大阪
26:∞SAKAおばちゃんROCK
27:粉もん
◎めも
大阪メドレー。ふうせんの屋台の店番ほったらかして、踊りもほったらかしてずーーーーっと遊んでた晴太郎。基本的にまとはれ。
歌詞に沿って居眠ったり、色んな動き(主に楽器系)してみたり、止まってみたりしゃかりきに踊ってみたり、その日の対決の審査員(やじ)してみたり忙しい晴ちゃんだったけど。
その中の一番はやたら細芸な晴タクシー!まとりくんが、タクシー止めて乗り込んで、ミラー直して指示された方に曲がって、まとりくん寝てたら起こして、車酔いしたら袋で嘔吐物受けてあげて(笑)ただ急ブレーキがすぎる晴タクシー(笑)よくまとりくんからお釣りいらないってチップを貰ってました♡千秋楽は、ジャニワぶりのまとりくんとの衣装チェンジ!(途中で元に戻ったけど)それに、晴タクシーにまとすえ乗車で運転手が交代しまくっててむちゃくちゃやったけど、面白かった!!!舞台の下手の端っこで、ずっとこんなことして視線奪っちゃうんだから〜〜〜〜!!!!
こーじが2回、ちゃんと踊れハレタローーーー!って言ってくれた。ありがとうこーじ!

28:おみくじハッピー(新曲)
◎めも
曲振り前は、前半日程は柊和と楽ちゃんバイオレンスにいそいそ。楽ちゃんを枕にして寝たふりしてみたり下敷きの楽ちゃんこしょばしてみたり。後半日程はまとりくんと横ならびになって、仲良し仲良ししてた。千秋楽に近づくにつれて、まとくんの異食症な所が出始めて(笑)それをえっ!!って顔して止めにいく晴ちゃん。最終的には一緒に食べてたけど(笑)
曲中は舞台上ウロウロして、お手振りして、DKとかまとすえとかと絡みまくってた晴ちゃん。

(顔の半分白マスク、グレーのボロ布マント)
29:Ghost〜君は幻〜
DKで踊るダンスは本当に秀逸だった。表現力が本当にすごいかった。ゆっくり側転したり、後転したりほんと体のしなやかさを全面にだしてくる。
フードから見える襟足がたまらなかった、初日。
なぜか後半にかけて、登場前にはれんくんと手を繋いでるということをし始めたのは未だに謎だよ………(笑)

(血まみれ白スーツ)
32:Monster
メキメキ上達していったスタン宙!!尻もちは公演中たったの1回だけ。手をついたのは前半日程の6〜8回(私調べ)、それだけ。後はバランス崩す時もあったけど、日程重ねるにつれて高さも出て完璧なスタン宙に仕上げて行った晴ちゃん。ジャニワとは比にならないくらい上手になってた。ジャニワで初めて尻もちついた時のあの悔しそうな顔が忘れられなかったけど、そんなの吹き飛ばしちゃった。このクリパで間違いなくアクロ要員に加わったね。
その他にも登場の時にポール触りながらしゃがむ瞬間とか、オォーーーの歌詞の所で手を口にあてめ思いっきり背中反らして叫んでるダンス取り入れたり、捌けるとき2人の花のイントロに合わせて銃でうったり小ネタの宝庫だった。そのどれもが曲とあってて天才だった。

(黒のナポレオンジャケット、カーキタンク、黒パンツ)
33:2人の花
私がこのクリパで一番好きだった晴太郎。ダンスの全てが好きだった。このためだけにお金払わせてよと思うくらい好きだった!!!
間奏で出てきた直後の体全部使ったリズムの取り方もその時の足の使い方も、龍太中心に円形になった時の手を上にあげるその振りと手の使い方も、下手移動後のがっつり踊るダンスも大好きだった。涙拭うの歌詞では涙拭う技をいれたり本当に光ってた。そして、千秋楽までの1週間突然始まった咲いた花びら前のタンクトップ掴み上げて顔の方に持っていく振り。お腹の見せるその踊りはたまらなく過去を思い出して、全面的に男をだしてくる好きだったダンスで、それを晴ちゃんがするとは思わなくて本当に本当に…
この映像言い値で買うから本当にほしい。でろ、てかだせ。

(黒スーツ、オレンジサテンシャツ、
ポケットからオレンジハンカチーフ)
40:Love situation
曲始まりに大吾ちゃんにジャケットを着せるお仕事。登場前には必ずれんくんと1絡み♡基本的にはハイタッチだけど、DJとして登場したり色々。れんくんも晴ちゃん待ちで、ベース弾きながらニコニコしててDKかあいい。
曲途中でもはれれんタイムがあって、初めては晴ちゃんがれんくんにお手振りすることからはじまって、それ以降投げチューしたり、ジャンケンしたり色々♡(笑)
歌詞の滑り込む電車は、はれとわタイム。中日過ぎてからラブシチュでも、遊び始めた2人に完全に視線泥棒される客席。個人的1位はやっぱりはれとわお姫様抱っこ!!その次は2人で大きな♡を作ったの!3位はコマネチかな(笑)コマネチもあまりに全力で千秋楽は笑いが起こってた!!視線泥棒した証!!!
滑り込む電車の後は決まって、キーボードのこじけんの近くにいって、キーボード覗き込んだり、手を振ってみたり邪魔しにいく晴ちゃん。いらんことしいも健在。
はれとわでのアクロは涙モノ。アクロのお手本の柊和と一緒にアクロ要員になった晴ちゃんの頑張りの結果。初日2人が笑いあってたのは絶対忘れない!!!!

41:蒼い季節
ラブシチュ直後急に顔が引き締まる晴ちゃん。本当にスイッチが入る。その瞬間は本当にたまらなかった。光ある季節と生まれたての笑顔の、顔に手とか指を添えて踊るダンスが最高で!!晴太郎の顔と手を使ったダンスの相性の良さが本当に滲み出てた。色気がでてる。手を添える角度と顔の角度が絶妙だった。

(赤燕尾ジャケット、黒パンツ、黒シャツ)
42:Be cool
間奏で下手からの登場。片足で大きくリズムをとりながらでてくる時と、円形フォーメーションになった瞬間、左足を伸ばした状態の姿勢の後ろ姿が好きだった。円形フォーメーションで足を蹴るような振りの所もめーーーーっちゃよかった!!!!本当に後ろ姿のお尻から太ももにかけてがすきすぎる〜〜〜〜!!!

43:BIG GAME
ここは言わずもがな、頭抱えるmy lifeの頭抱えるふり、最上手のshake down!で下まで口覆ってしゃがむふり、側転後の着地の跳ね方、ラスト追い込みのガツガツダンス全部が全部かっこよかった!!!!!ジャニワからのまとくんとの拳ごっつんだったり、ハイタッチも継続してて涙

(白スーツ、赤ネクタイ)
44:See You Again
誰よりも曲終わりに深く深くお辞儀をする晴太郎。一番セットの上。前にあるセットから頭を出してまで下げる晴太郎。私の入った公演全てでちゃんとお辞儀をしてた。礼儀ってそんなものかもしれない、でもそういう所好きだよ。

45:アンコール バンバン
いらんことしいのかまってちゃん全開。
柊和とのアンテナ芸、パリピとの絡み、客席へのお手振り。ぜーーーんぶ楽しそうにしてた晴ちゃん。

46:UME強引オン
千秋楽のダブルアンコ。アンコールからもう号泣だったね。夏と同じく号泣だったね。その涙の理由はまだ知らないし、知らないままがいい。ただ、迷子になった少年のようにどうしたらいいのか分からずステージ上を彷徨ってたのが印象的だった。

その他:
①千秋楽 関ジュサンタ
舞台へ出てくる関ジュサンタ。
舞台センターで突然ぺりぺり始める。客席がキャーーってなったら、帽子(カツラ)、サングラス、ヒゲをとって晴太郎が姿を現わす!!
喋らないままいつもの、客席に拍手の煽りして地声で「ありがとうございました!!!」ではけていった!!!
34公演(1公演は康二)お疲れ様でした!!!
毎回素敵なパントマイムだったよ!また新しい武器だね!!!

②千秋楽 MC ゲスト:晴太郎、丈
◎大阪メドレーの衣装。
◎立ち方が、左手は右脇腹あたりにおいて、その上に右肘乗っけて、右手でマイク。マイクは顎に当ててる。どっちかの膝は必ず曲がって、猫背。まんま錦戸亮ちゃんで笑った(笑)

〜〜MC〜〜
(プレゼントもらったかって話の下り(割愛))
康二「サンタと言えば関ジュサンタ!関ジュサンタおる〜!?」
(晴太郎下手から登場)
康二「はい自己紹介!」
晴太郎「石澤晴太郎です!メリークリスマース!!」
康二「1ヶ月間やってくれてありがとう。楽しかった?いやぁ、難しいよなぁ」
大吾「(ファンに)ばれてた?」
晴太郎「ばれてましたね、ファンレターで関ジュサンタさんへってお手紙きて。後ろ髪とか眉毛とかで…」
大吾「後ろ髪でわかんの?」
晴太郎「後ろ髪と眉毛はでてるんで、それに動きで分かったみたいです。でも康二くんとかに間違われてたましたよ!」
室「でも康二も出てたやん」
康二「それは封印しとこ!ゴミ箱にポイポイ!(晴太郎)何かプレゼントもらったの?」
晴太郎「何ももらってないです」
大吾「今何才?」 
晴太郎「16才です。高1です!」
大吾「高1でもらえへんの!?」
康二「高1で!?」
室「プレゼントって言ったら、去年の松竹座でプレゼント交換したやん?あの時の丈の選んだプレゼント未だにどうなったか気になる!丈ー!!」

丈ちゃんの登場。(丈ちゃんが登場してプレゼントの話してる時、ちょびっとずつ恭平の方へよっていって恭平とニコニコしていただけなので割愛(笑))

康二「じゃあ流星と高橋はスタンバイいってらっしゃい!」
晴太郎もスタンバイがあると手をあげてアピール
康二「あ、そうか。なんかしたら?」
晴太郎「ペリペリやりまーす!ペリペリペリ(マイク持ち替えて)ペリペリペリ(笑って、ぺーり飛ばすw)いやん♡あはん♡…ありがとう〜!」
室「中途半端やな〜!違うギャグみたいなー!」
晴太郎「違うやつ?………………(肘を曲げて指さして )ここ見て下さい!ここ!ここ見てタラバガニ〜〜〜〜!!!!(顔の横に両手でピース)
室「いいよ〜!!!まだある!まだある!」
晴太郎「ここ(さっきと同じ曲げた肘指差して)見て下さい!ん〜〜〜〜プチトマト!!!!(むしって客席にぽーーんって投げる仕草)(2連ギャグの後真顔でスンッてなる晴太郎。ちょっとへこんでるww)」
室「ギャクマシーン言うたら、ほら!!」
康二「え〜〜〜〜、ちょっとみといてや!(音声さん味方に付けたゴイゴイスー)どう?わかった?」
晴太郎「ちょっと分かんないっす。」
丈「そこは分かるって言っとけ!」 
晴太郎「分かりました〜〜〜〜!」
室「ほら、じゃあ行きぃ」
晴太郎「失礼します!ありがとうございました!メリークリスマス!」
晴ちゃんMC緊張してたね!新しいギャグもありがとう♡♡

関西ジャニーズJr.
Xmas show2016 全35公演
石澤晴太郎 覚書。
楽しい時間をありがとう!!!

ジャニワ☀︎晴太郎総括

JOHNNYS' Future WORLD
10/8〜10/25 梅田芸術劇場
晴太郎まとめ。

1
1)
関ジュ紹介~ノイナ
<衣装>
赤のティシャツ、赤ベスト(白ライン)
黒のスキニーパンツ、黒靴
<位置>
紹介:舞台下手中列→アクロ(ロンダート多め)
          →センターより上手中列
ノイナ:下手階段中段、客席下手通路通過、
              2013-14ダンス、2扉退場
<メモ>
ノイナ
・基本柊和といちゃいちゃしてる。
・柊和のアクロバット前はグータッチしてからのバイバイがお決まり。 (ちゃんと見届ける晴太郎はただの嫁)

2)
マンション三味線~百花繚乱
<衣装>
白シャツ、白ベスト(赤ライン)
白ズボン、白靴(ナイキ)
<位置>
マンション303
和傘、下手最後列→最下手前列
緑扇(朝田くんより受け取り)最後列下手~センター
<メモ>
百花繚乱
・朝田君から扇受取る時は笑顔の晴太郎。
・れーじくん(青扇)に隠れて密談。
・真鳥パイセンの熱い視線
・セイヤスエザワとのアイコンタクト芸

3)
太鼓パフォーマンス後のダン
<衣装>
黄色和柄着物、紫帯 
黒パンツ、黒靴、緑リストバンド
<位置>
下手登場→アクロ(ロンダート多め)→上手
<メモ>
・晴太郎のバン!バン!バン!の狙いうちがやたらとかっこいい。
・上手移動ラストにバク宙あり。

4)
ラッキーマン
<衣装>
白タンクトップ、緑ジャケット、黒パンツ、黒靴
<位置>
下手から2人目
<メモ>
・一番最初にソロダン
・今江君アンダー日は途中下手退場。柊和が送りだしてくれる。
・基本れんくんソロはシャドーボクシング、恭平ソロダンス後はライフル狙い撃ちしている。
・全員で口覆いダンス日程中盤から開始。
・最後の全員集合で(アンダーじゃない日)柊和とれんくんの間でニッコニコ。

5)
ack fire  ☆今江くんアンダー時のみ参加
<衣装>
白シャツ、紫ジャケット、白パンツ、白靴(ナイキ)
<メモ>
・とりあえずかっこいい。
・16歳の晴太郎がお兄さんに引けとらず踊っている姿に涙を流す。

6)
ビグゲ~トニトニ
<衣装>
白シャツ、赤ジャケット、白パンツ、白靴(ナイキ)
<位置>
ビクゲ:下手→センター(頭抱え~♪)文ちゃん左横→下手
トニトニ:最下手最後列
<メモ>
・頭抱えて生きてるmy lifeで頭抱える仕草がデンジャラス
・Shake dowm/Touch downの仕方もデンジャラス
 
▼2幕
7) 
ハロブロ~ドリームガールズ ☆今江くんアンダー時のみ
<衣装>
白シャツ、黒燕尾、黒靴
<位置>
下手登場→フリーダンス→上手にはける
上手登場→センターでダンス→下手へはける
<メモ>
・ソロダンスはセイヤスエザワからバトンタッチで4番目。フリーダンスかわいい。
・私が見たフリーダンスはセイヤからハートを射止める弓を打たれる→キャッチ→客席へバイバイ
・黒燕尾がちょっと大きい。

8)
闇つき
<衣装>
緑ティシャツ、カーキのMA-1、黒パンツ、黒靴
<位置>
上手登場→最上手最後列
<メモ>
・間奏で真鳥とジャケット交換あり。
・真鳥パイセンといちゃいちゃしてる。
・セイヤスエザワとアイコンタクト芸パート2

9) 
フューチャーアイランド~LGTE
<衣装>
黄色タンクトップ、茶色チェックシャツ、白パンツ、白靴(ナイキ)
<位置>
舞台下手付近
<メモ>
・フューチャーのときバク宙するのがお決まり。
・恭平と柊和とわちゃわちゃ。かわいい。
  (恭平日誌より、恭平が絡みに行ってたと)

10)
ハイハイジェット
<衣装>
白シャツ、緑ベスト、緑パンツ、白靴
<位置>
下手大階段 最下手3段目
<メモ>
・セイヤスエザワ、真鳥パイセンが晴太郎のところまで階段上がってきていろいろしている。(セイヤスエザワは階段上がってきたのは途中から)

▼その他 
 ・10/16に髪型チェンジ
 ・今江君アンダー日は10.11.17.18.19.24.25

大まかな自分なりの覚書。
本当にお疲れ様でした♡

貴方の奏でる音楽に出会えた幸せを。

私は出来ることなら、渋谷すばるという歌手を知らないまま、このアルバムに出会いたかった。

2016.2.10

渋谷すばる『歌』

手元にあるアルバムをただ、呆然とジャケットだけをしばらく眺めてた。怖い、シングルもツアーDVDもそう。ただ漠然と怖くって。自分の感情が想像つかなくって怖かった。

意を決して見たら後は、感情の赴くまま自分の中に音楽を取り込んだって感じ。

聴き終わった後の感想は

「すばるくんに出会って、すばるくんが作る音楽に出会えてよかった。」だった。

DVDも1人でみた。もはや奇跡。ただ音を聴くとどうしても、これをどう作ったのかが気になった。生み出すまでの感情が、ただ知りたくなった。

バンドをしたかったすばるくん。ソロの活動を見ているとどうしても思い出す。フラフラ期のあの不安定だった時を。アイドルかバンドか。思い描く、その2つが重なり合わないが故に、目に見える程の葛藤をしてたあの時代を。もうこの人はジャニーズというアイドルの世界からいなくなるんじゃないか。その時を思い出す。

でもすばるくんが、すごい楽しそうにソロ活動をするから。もうあの時の葛藤なんか見えなくて、ただ純粋に自分のしたい音楽に向き合ってるのが分かるから。だからソロ活動をすればする程思い知らされる。この人はアイドルであり、バンドマンなのだと。

それは関ジャニ∞というグループが、無意識的にも、すばるくんに寄り添って、受け止めて、高めあった、その結果だと思う。楽器隊なんていえる立派なものは無かったのだ。ベースだってドラムだって初心者。ボンゴもペットもキーボードもあのグループは無かったのだ。

3ギター1ベースドラムの横で踊ってたメンバーがいたのだ。そんなグループだったのだ。でも今堂々とバンドを奏でる音楽グループになったのだ。

それを返すように、すばるくんはソロ活動を関ジャニ∞の為だと断言する。

だからこそあの笑顔でソロ活動をしているんだろうと思う。誰よりも繊細で、寂しがり、不安定なすばるくんには関ジャニ∞は間違いなく必要だった。それがあるから今、安心してソロで音楽に向き合えたのだと思う。

そんな今を共有できて、とても幸せだと思う。

す担を続けてきて良かったと思う。

これからも、すばるくんとその奏でる音楽を見ていきたいとただ願う。

ただ、すばるくんへの感情を全て抜いた時。

何も知らないでこのアルバムを聞いた時。

自分はどう感じるのだろうと純粋に思う。

だから何も分からない状況で、このアルバムを聞いてみたかった。過去の感情を抜いて聞いてみたいと思った。無理だけど出来ることなら。

でも今、間違いなく幸せなのだ。

2014年から映画に始まり、シングル、ソロライブツアー。ここ何年か、「すばるくんの演技がみたい」「すばるくんの箱ライブがみたい」言い続けてきて。2014年からその夢が怒涛に叶った。

「すばるくんカバーアルバムださないかな」まさかのその夢も叶えてくれた。12年すばるくんを追い続けた。12年経った今でも私の夢を叶えてくれた。ただただ幸せです。ありがとう。

BESTお兄さん〜学生編〜

何度考えても、BESTお兄さんとの学生生活を送りたい人生だった。ということで!!!


Hey!Say!BEST×学生編


有岡君
パーカー×ブレザー、ベルトは茶色の革のお洒落ものを着用。靴はナイキエアマックス
男女問わず大ちゃんの愛称で慕われます。昼休みは基本サッカーかバスケして遊んでます。
大ちゃ〜〜〜〜ん!!今日カラオケいこう!!今日バイト!ごめん〜!!しょっちゅう遊びに誘われるけど、放課後は友達の誘いを断り週4日でカラオケとコンビニでバイト。お洒落な彼はバイトではよく年上のお姉さんから逆ナンされるし、学校ではどの学年からも告白される爆モテ。でも昔から幼馴染に想いを寄せる一途さん。


伊野尾くん
ネクタイ×グレーカーディガン。黒のベルトに、ローファー。
図書室と保健室で寝ていることが多い、絶世のお眠男子。ただその独特のキャラクターと優秀な成績、芸術科目もそつなくこなすから先生からのウケは抜群で、友達からの信頼も厚い。嫌いなことは冬のマラソン、基本病欠。ただのさぼりだけど。プールも嫌い。だって日焼けしたら痛いから。伊野尾ちゃ〜〜ん!!今日どっかいこ!え〜〜眠いから帰る!まだ寝るの!?って放課後はお家直帰が多いけど、家でゲームのお誘いは8割OKです!家で有岡君とゲームしてる事が実は多い。

八乙女くん
白のカッター×ネクタイ。寒いときはベージュのカーディガン。ベルトは茶色の革のベルト。コンバースの細めのスニーカー。
授業中はメガネの真面目男子。先生からの頼まれごとも断れない心優しい好青年。基本教室にいる事が多いひかにゃんこ。光、光、光〜〜!!!ってしょっちゅう薮くんが遊びに来て2人でじゃれてる、微笑ましい。放課後は部活一筋。軽音楽部。文化祭では組んでるバンドで演奏してる姿をみて、普段とのギャップに落ちる女子が非常に多い。

薮くん
カッター×黒のカーディガン(タイなし)。靴は気分でスニーカーだったり、ローファー。
ズボンに財布と携帯だけで登校してくる強者。遅刻常習犯、綺麗なお姉さんの乗る高級車で登校してくる事もある大人男子。いなくなったと思ったら保健室のベッドでスヤスヤ寝てることもある我が道突き進んでいくタイプ。伊野尾ちゃんと保健室のベッドでバッキングすると布団を剥がして潜り込む。伊野尾ちゃんから薮きもい〜〜!!って言われてちょっと傷つく。放課後は年上のお姉さんが車で迎えに来るから、皆から薮くんは大人と認識されている。ただ迎えに来るお姉さんは日替わり。

高木くん
上はカッターだったり、パーカーだったり日替わりだけど決まって腰パン。しかもめっちゃ腰パン, 。アクセサリージャラジャラだし、髪の毛も長い。風紀の先生から追いかけ回されてるけど、気にしない。高木〜〜!!なんやその制服は!髪型は!首についてるものは!!!ウルセッ!!が朝の定番。ただそんな見た目だけど、朝もきちんと登校するし、ちゃっかり委員会とかにもはいってるまじいい奴で友達も多い。勉強は苦手、赤点常習犯。あー〜〜もうこんなん将来つかわんやろ!!!が口癖。中学から付き合ってる彼女が他校にいてベタ惚れ。

この間ちょっとした、BEST×学生の総まとめ。
今度は、保険医高木と学生BESTかこ!!

ドクターX出演決定!〜JUMPが医療従事者だったら〜

突然舞い込んできた、伊野尾慧ドクターX出演情報!!!おめでとう伊野尾ちゃん。

医療ドラマ×伊野尾ちゃんの情報がでた瞬間、もうこれを想像するしかなかったじゃない。


<おじゃんぷちゃんが医療従事者だったら……??>


▷伊野尾慧 (臨床工学技士)

○生命維持管理装置の操作と機械の点検。

基本的にはME室に引きこもっていたいME伊野尾。ただ何かしらピッチで呼び出されてICUを行ったり来たり。仕事はきっちりします。術中のタイミング手際の良さも目立たないけどピカイチです。ただ、機械のお片づけ関係めっちゃ遅い。え〜重たい〜〜が口癖。基本駒ついてるのになんでも重たい。だって機械大きいんだもん。猫背な姿とタラタラ歩く姿から、看護師長から機械ばっかり触ってないで若者らしく外で遊びなさいって怒られるほど気怠げ。ただ知識は豊富、でも教えないよ。なんでかって?めんどくさいじゃん!


▷有岡大貴(小児科医)

大ちゃん先生の愛称で慕われる有岡先生。お母さんからの人気も文句無し。大ちゃん先生が主治医でよかった。基本ずーーっと病棟、動きやすさ重視のスタイルとスリッパ。あ!!大ちゃん先生遊んで〜〜、よし!何する?先生今から外来です!!って看護師さんに引っ張って行かれる姿は少なくても週に2回。アニメもゲームもお手の物。ただゲームはマジです。子供だからって手は抜きません。大人気ないって中学生くらいの患者さんから鼻で笑われる。大ちゃん先生嫌い!!にまじで傷つくから言わないであげましょう。


▷中島裕翔(理学療法士)

おばあちゃんからの絶大な人気をかっさらう。一番言われる言葉は「中島先生みたいな孫がいたらよかったのに」。話し上手の聞き上手。情報収集はお手の物。体格パワーも共に申し分なしな上に、その優しさから寄り添い方もばっちりで介助法はまるでお手本。レクリエーションでは盛り上げ隊長。その風貌からゴツいイメージ払拭を目指すリハ科紹介で必ず技師長の隣に立たされ全力うちのリハ科は爽やかです!アピールに起用。ちなみに学生時代から学校紹介のポスターやら演説やらに起用されている爽やかさ。これは余談だけどね。


岡本圭人(看護師)

岡本君今日は注射失敗しないでよ〜〜??って採血のたびに言われちゃう岡本看護師。注射を刺す瞬間が痛そうで手に力が入る余り失敗しがち。ただ失敗した時の泣きそうな表情とすみませんが半分泣き声で患者さんは怒れない。だってこの子可愛いんだもん……。先輩看護師からはガンガン怒られる、そろそろしっかりしなさい!!前部屋は危なかっしくて担当にされない。その事で地味に傷ついている。入浴介助は丁寧で患者さんからの評判は絶大。あの子は丁寧だわ〜〜。ただ時間は押し気味。やっぱり先輩に怒られる。でも基本先輩も圭人が可愛くて仕方ない。


▷薮宏太(麻酔科医)

緑の術衣とナイキのスリッパが基本スタイルの薮先生。忙しい麻酔科医という性分で基本病院に泊まり込み。廊下であくびばっかりしてる。薮先生また泊まり込みですか?昨日緊オペ2件だよ、今からまた待機だし、俺死ぬかも。とブラックな笑顔で去っていく。あなた死んだらうちの麻酔科崩壊するから頑張ってと哀れみの目が突き刺さる。人員増やせやクソ院長と毒づきまくる。基本的に自分のテリトリーは自分だけ。麻酔は俺のテリトリーだから誰も文句言ってくんな。豪語するだけあってセンスはピカイチ、先生も信頼も絶大。


▷山田涼介(病院経営コンサルタント)

元々小さい病院を大きくした敏腕コンサルタントの山田涼介。経営学、医学部、法律。ありとあらゆる面の知識が豊富。すごいの一言。新しい機械の導入、制度の導入、姉妹病院の建設…病院を大きくする事と、よりよくするために尽力してる。ただ、裏で黒い噂が常にちらつく。でもそれは基本的に白な事が多いけど。各政界や医療界との繋がりもあつく、底が見えないオトコ。


八乙女光(MR)

○製薬企業の営業部

準備は完璧。内容も頭に叩き込まれてる。プレゼンの前準備じゃ特に問題ないのに、実際の現場に立つとなんか可愛いミスがポロポロと。ただ医学部出身のMRなだけあって高学歴で頭の回転は速い。ただ小さな可愛いミスがポロポロと。お得意先の先生からは突っ込まれる。でもそれが可愛がられてる部分でもある。確かな知識と少しのポンコツがうまいバランスを保っているからこその、親しみやすさがそこにはあったりするもんだ。もとは医者を目指したこともあって、営業部ではまだまだ新人。


高木雄也(薬剤師)

基本的白衣はノットボタンに腕まくり。なんかチャラい。カタカナばっかりの世界だからよく噛む。めっちゃ噛む。同じ行ばかりの薬が続くとパンクする。やたら読みづらい薬もパンクする。「ダアアアアア!読みづらい!なんでこんな名前つけた!」薬剤師らしからぬセリフ連発。だからお薬説明には行きたくない。でもよく行かされる。「あーー薬剤師の高木です。」の言葉に患者さんから驚きと怪訝な目をされがち。ただ本人気づいてないけれど。


▷知念侑李(患者)

ここでまさかの患者パターン。知念くんに医療関係ってなっても思いつかない。ナンテコッタ!!

だからあえての患者かな。知念担の皆様、知念くんが医療現場にいるなら何を想像する??(まさかの問いかけ)




ただならぬトキメキと興奮をありがとう。




医療現場ってこういいよね!JUMPちゃんで何か医療ドラマとかしてくれないかな!!!

ただ知念くんだけがな〜〜。知念担の皆様にご意見願いたいところ!

知識にばらつきがあるし、友達との会話から掘り出したネタもあるし、半分妄想だから批判は受けつけないよ!笑


渋谷すばるLIVETOUR2015

渋谷すばるLIVETOUR2015を見た。

どうしても今の気持ちを残しておきたいと思った。


すばるくんを好きになって、もう12年。12月が来たら13年、自分の年齢の半分よりも、好きでいた期間が上回る。中学生という多感な時期に好きになった。それから色んなことがあったけど、結局好きという気持ちを引っさげてここまできたのだ。


好きが大きくなると、怖いという感情が生まれる事も知った。ソロライブのDVDが、フラゲ日に届いても開ける事すら出来なかった。入っている公演なのに。一回みて、聞いて、肌で感じてるのに、見るのが怖い、ただそれだけを漠然と思った。


取り入れたい、でも取り入れたらその後自分がどうなるか分からない。昔の彼の面影を見て、今の彼を見て、自分がどういう気持ちになるか分からないのがただ怖い。そして依存性の高いすばるくんの音楽に触れて、また過剰に好きと思うのも分かっている。麻薬のような人だと思う。


こんな異常ととれるような感覚の持ち主でも、極少数の共感してくれる友人はいるわけで。大切な大切な2人のす担。2人がいたから見れた。素敵な時間をありがとう。


DVDを再生して、真っ赤な文字で出てきた「渋谷すばるLIVETOUR2015」の文字。泣いた。めっちゃ泣いた。関ジャニ∞であることにこだわっていた彼が真っ赤な文字で、メンバーカラーの色でオープニングを彩ったから。「一人でライブして、得たものを関ジャニ∞に持って帰りたい」そう言う彼の決意を見た気がしたのだ。そこからは涙腺崩壊という言葉がぴったりだった。


歌を歌う音を奏でる。ただそれだけでライブハウスに乗り込んできた。ジャニーズに付き物とされるダンスなんて一切なし。ステージのセンターにいる彼はテイシャツにジーンズ、スニーカー。マイクとハープの武器だけを持って挑発的な目を向けてくる。ポップスからJAZZ調、バラード。細部にまでこだわった楽器隊との音響とステージの雰囲気。どうだ!俺らが作る音楽は!と言わんばかりに。


このソロライブを、ソロコンという言葉を使う人がいる、間違ってはないのかもしれない。でもあれは間違いなくライブ。細かい言い回しだけど、ライブだったよ。

バンドとしてライブがしたい。そう言っていた過去。ジャニーズにいる事を葛藤していた時期。儚くて不安定で今にも消えてしまいそうで。そんな彼がいう、「関ジャニ∞ってグループでアイドルやってます」というその言葉。どれだけの思いが詰まっているのか計り知れない。

短いスパンで紡がれるその言葉に意地になっていると感じたこともあった。思い込もうとしてるのかなって。でも関ジャニ∞と書かれた∞マークの片方だけ赤く塗られた、あのテイシャツをきて、そこを大事そうにでもしっかりと握りしめてたその手に。「最近1人の仕事が多くて寂しかった。メンバーといれて楽しい。」と言っていたその言葉に、過去に囚われていたのは自分なんだと思った。関ジャニ∞が大好きで、ソロライブもそれを飛躍させる足がかりといった彼を純粋に逞しく思う。もうアイドルの葛藤があった、あの消えそうだった渋谷すばるはもういない。ジャニーズのアイドルとして、自分にしか出来ないことを、大切なグループのために切り開いて作り続けている渋谷すばる。最高にかっこいい。


楽器隊を率いてドセンで歌う真っ赤な歌歌い。「ファンの人が胸張れるアイドルになりたいじゃないですか」そういうすばるくんに、付いてきて間違いは無かったよ。あなたのファンをしてきた人生に胸を張れます。


渋谷すばるLIVETOUR2015

沢山の人に見てもらいたい。

見て後悔は絶対しない。